正しく選んでクレンジングでくすみ対策

subpage01

きれいにクレンジングで洗っているつもりでも、肌には少しずつ汚れが蓄積してしまいます。


はっきりと黒いというよりも、何となく顔色がくすみで暗く見えるというのはどうしてでしょうか。
メイク汚れが落ちていないと、その汚れが肌表面でくすみの原因になってしまいます。

クレンジングのくすみの情報を多数ご用意したサイトです。

また汚れを気にしてごしごし洗いすぎると、クレンジングが原因で肌を乾燥させてしまいます。


乾燥すると肌を守ろうとして、角質が分厚くなって肌をくすませてしまうのです。

洗いすぎても、洗い足りていないのもくすみの原因になってしまうのでクレンジングの選び方は重要です。指先に力が入らないように優しく洗うことと、丁寧にクレンジングを洗い流すことで汚れを残さずくすみを改善することができます。



ですがそれだけではなくどのようなクレンジングを選ぶかも重要なポイントです。オイル系は洗浄力は高いですが、きれいに洗い流しにくく肌に残って酸化汚れになりやすいです。反対にミルク系は洗浄力が低いため、濃いメイクやウォータープルーフのような強力なメイクではきちんと落とすことができません。自分のメイクの種類に合わせて洗浄力を選ぶか、肌のために落としやすいナチュラルメイクを選ぶかが必要です。



どれがいいのか迷ったなら美容成分を配合しているジェル系がオススメです。


ジェル系は洗浄力と肌への優しさの両立ができているため、メイク汚れを残さず潤いをキープすることができます。美容成分を配合しているため、洗うことで失いがちな美容成分を補うこともできて肌はくすみにくくなります。